クリスマスの経済効果

今年もクリスマスが終わりいよいよ新年に向けてカウントダウンです。

12月も暖かい日が多く年末のムードがあまりなかったものの、流石に15日過ぎ頃から一気に盛り上がったような気がします。

やはりボーナスが出て余裕が出てきたのかもしれない。
不景気の要因はマクロ的に見ていろいろあるけれど、
個人レベルではやっぱり目先の現金がちょっと多くなると消費は刺激される。
やっぱりみんな買い物したい。
断捨離やシンプルライフ、家じゅう物で溢れているなどいろいろ言われ消費行動が落ちている要因もあるが、それは理屈の部分。

お金に余裕があれば、無駄なものでもちょっと買ってみたくなる。
それが人間の心情。
無い袖は振れないだけで、少し余分にお金が入ればちょっと贅沢したい。

ここから本題

クリスマスの経済に対する影響力はどのくらい有るだろうか?
カレンダーを見るとさまざまなイベントが有る
業界が無理やり作った○○の日は別にして、季節の行事はたくさんある。
ニホンの伝統的なものでは、
お正月
節分
ひな祭り
お花見
端午の節句
お彼岸
お盆
七五三
などまだまだたくさんある

海外から来たものや、日本流の海外ものとして、
クリスマス
バレンタイン
ハロウィーン
ホワイトデー 

など

これらの中でクリスマスは期間や規模など最大級である。
プレゼントで少し高価なおもちゃや衣服やあ洒落なものが売れる。
そしてごちそうやゲートを食べる。
これをほとんどの人が行う。

数字的には
ハロウィン 1240億円
母の日   1170億円
ホワイトデー 530億円
バレンタインデー 1300億円
クリスマス 7000億円

とやはり圧倒的に大きな金額である

お正月と比較してどうだろうか?
昔は圧倒的に教えての方が経済効果が有ったと想う。
今はどうか?
おせちもあまり食べなくなった。少子かでお年玉もあまりあげない。
クリスマスと違うのは、帰省で大移動が行われ、また休みが長いので海外旅行も多い。

お正月 2兆1000億円(4.5万円/1世帯で試算)
    1兆6000億円(3万円/1世帯で試算)

少ない試算でもクリスマスの倍以上。
データのとり方に疑問はあるものの
やはり年末年始の行事はどんな山奥に行ってもある。

いつの日かクリスマスとお正月の経済効果が逆転するのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です