2019年はどんな年になるだろうか

2019年はどんな年になるだろうか

平成の30年が終わり新しい元号になる

東京オリンピックの前年で準備の最終段階

東京のインフラが一気に整備されるだろう

アメリカの貿易不均衡是正のため日本の輸出が減らされ

為替は円高に振れる

国内物価は輸入品の値下げで下がりデフレ脱却は出来ない

株価は大幅に下落する

オリンピック後の需要減の調整もあり地価の下落も起こる

ベーシックインカムが真剣に議論される

経済面では旧来型の基盤はかなり崩れて行く

AIの進化と普及がますます進行し

産業構造の変化が起きていく

農業、工業に続いてホワイトカラーの分野が自動化する

人的対応が当たり前だったサービス業分野にも無人化が進む

B to CのCの部分のロボット化が話題になるが

実際にはバックオフィスでのロボット化が加速度的に進行すると思う

人的に入力したり対応していたことが、

プログラムされたコンピューターが対処する

自動化されたAIは圧倒的に早く正確に24時間対処するので

人の労働で対抗できるはずもない

田植えを人間がやるより田植機があっという間にやってしまう

ツルハシとシャベルで穴を掘り荷車で土砂を運ぶより

ショベルカーが削りダンプカーで運んだほうがはるかに早い

その現象がホワイトカラーの分野で一気に進む

しかしそのためにやるべきこともたくさん発生する

人的作業の業務を分解してシステム化するために要件定義を整理する

それをプログラム化し実行レベルで調整する

このシステム化のプロセスは日本人は最も苦手としている分野である

現状を変えたがらない現場や業務の本質が見えていない管理職の無言の抵抗が発生する

業務改善を実施するときに日常茶飯事で起きる現象である

しかもこの自動化には人事的なリストラが伴うので尚更強い抵抗があるだろう

トップが本気で自動化に取り組まないとあっという間に取り残されてしまう

事務作業の自動化システム導入の上流工程を強力に推し進めるトップマネジメントが存在する組織だけが生き残る

手で田植えした方がいいと思うならそれでもいいが

グローバルな競争には対応しようがない

もちろん機械化や自動化が全ていいと思っているわけではない

しかし低コストで正確で熟練が不要なシステムがあるのに利用しないなら

それを使用しないことで生み出せる付加価値が必要だろう

棚田には大型の田植機が使えないから手植えをするんだというならやって下さい。

特別美味しい高価なお米ができるなら生き残れるが特徴のない普通のお米なら経営は厳しい。

もちろん綺麗な景観や循環型農業の環境保全としての価値があるかもしれない、

しかしそれはお米の生産とは別の付加価値である

イチゴの生産農家とイチゴ積み体験食べ放題の観光農園が本質的に立ち位置が違うのと同様である

話を戻すと、導入変革期は試行錯誤や戸惑いがあるだろうが、その先には画期的な生産性と利便性が生まれることは火を見るより明らかである

アメリカで自動運転が実現したらトラックドライバーが失業することは誰もが理解できる

しかしそれだけではない。

長距離を走り途中で食事をするドライブインレストランが不要になる。

長距離で途中で宿泊するホテルも不要になる。

つまりトラックは今までと同じ台数が国中を走っていても、

それに伴いドライバーが消費していた産業が全て壊滅するのである。

このような「風が吹けば桶屋が儲かる」の逆の連鎖がホワイトカラーの分野で発生する

うちの業界は特殊だから大丈夫だ!は、まず通用しないだろう。

しかも専門的で高度な知識を必要とされていた分野で劇的に起こることが今までの変革とは違うのかもしれない。

医者がいらない、弁護士いらない、税理士いらないが状況が起こる。

難易度の高い専門教育と国家試験を勝ち抜いてきたエリートと思われている分野である。

しかし客観的に見てみれば当たり前の話である。

高度で専門的な知識はコンピューターが一番得意な分野。

過去の判例を瞬時に分析し裁判で勝つか負けるか判断し

勝てるなら自動的に訴訟の書類を作成し手続きを進める。

勝ち目が無ければ示談や逃げを打ち訴訟回避する

精密検査の画像解析し病状を個人の経験を超えて診断し対応法を自動でアウトプットする

日常の行動から経費伝票を起こすことなく記入し帳簿を作る。

営業が客先にスイカを使って移動すれば自動で交通費勘定が発生し記帳され、

給料日には立て替え交通費として給料に加算される。

こんなことはプログラムされたシステムならなんの問題もなく行える。

もちろん専門家が一人も要らないと言ってるのではない。

これらのシステムが出来ても最終的な決裁や判断は優秀な専門家が行う

つまり全ての分野で一部の優秀な人がいればその他大勢はいなくても対応できるということ

自動化が対応できない分野はほとんど無いと思うが、

機械化するより人間がやった方がコストが安い場合ぐらいである。

自動化するとお金がかかるから人間にやらせとけという仕事になる。

辛辣な表現をすれば「機械化する価値ないから人間にでもやらせとけ」という分野は引き続き人間対応。皮肉な話である。

人間の労働はロボットより下位に位置してしまうのである。

クリスマスの経済効果

今年もクリスマスが終わりいよいよ新年に向けてカウントダウンです。

12月も暖かい日が多く年末のムードがあまりなかったものの、流石に15日過ぎ頃から一気に盛り上がったような気がします。

やはりボーナスが出て余裕が出てきたのかもしれない。
不景気の要因はマクロ的に見ていろいろあるけれど、
個人レベルではやっぱり目先の現金がちょっと多くなると消費は刺激される。
やっぱりみんな買い物したい。
断捨離やシンプルライフ、家じゅう物で溢れているなどいろいろ言われ消費行動が落ちている要因もあるが、それは理屈の部分。

お金に余裕があれば、無駄なものでもちょっと買ってみたくなる。
それが人間の心情。
無い袖は振れないだけで、少し余分にお金が入ればちょっと贅沢したい。

ここから本題

クリスマスの経済に対する影響力はどのくらい有るだろうか?
カレンダーを見るとさまざまなイベントが有る
業界が無理やり作った○○の日は別にして、季節の行事はたくさんある。
ニホンの伝統的なものでは、
お正月
節分
ひな祭り
お花見
端午の節句
お彼岸
お盆
七五三
などまだまだたくさんある

海外から来たものや、日本流の海外ものとして、
クリスマス
バレンタイン
ハロウィーン
ホワイトデー 

など

これらの中でクリスマスは期間や規模など最大級である。
プレゼントで少し高価なおもちゃや衣服やあ洒落なものが売れる。
そしてごちそうやゲートを食べる。
これをほとんどの人が行う。

数字的には
ハロウィン 1240億円
母の日   1170億円
ホワイトデー 530億円
バレンタインデー 1300億円
クリスマス 7000億円

とやはり圧倒的に大きな金額である

お正月と比較してどうだろうか?
昔は圧倒的に教えての方が経済効果が有ったと想う。
今はどうか?
おせちもあまり食べなくなった。少子かでお年玉もあまりあげない。
クリスマスと違うのは、帰省で大移動が行われ、また休みが長いので海外旅行も多い。

お正月 2兆1000億円(4.5万円/1世帯で試算)
    1兆6000億円(3万円/1世帯で試算)

少ない試算でもクリスマスの倍以上。
データのとり方に疑問はあるものの
やはり年末年始の行事はどんな山奥に行ってもある。

いつの日かクリスマスとお正月の経済効果が逆転するのだろうか。

ロボット化が進むと変わる労働環境

人間の歴史は道具を使うことで進化したことは言うまでもない。

石器を作り鉄を加工し火を使い。

少しずつ生産性を上げ生活レベルを向上させてきた。

農業などの1次産業中心の時代から工業の時代に移り、

機械化が本格的になった。

当時も機械化が進み人間が機会に使われていることへの疑問は大きかった。

チャップリンのモダンタイムスではそのポイントを風刺している。

機械化は工業だけでなく農業にも飛躍的な生産性向上をもたらした。

わずか100年前までは総就業人口の80%以上を占めていたのに

今では2%である。

しかも食料は種類・カロリーベースともに増加している

輸入も多くあるがそれを差し引いてもすごい変化である。

工場もロボット化は進み

iphoneも勿論ロボットが作っている。

あんな精密なものロボットでなくては作れないらしい。

そのロボット化がいよいよホワイトカラーの世界に入ってきた。

高度な知識が必要と思われている分野ほどコンピューターは得意である(笑)。

これまで専門家と言われていた人間がやっていた分野も

あっという間にロボット化されるであろう。

過酷な事務作業や熟練的な知識を要する仕事はかなりの部分をロボットがやってくれる。

素晴らしい時代になってきた。

しかし世間の反応は「ロボットに職を奪われる」てきな発想で発言しているケースが多い。

面倒な仕事を機械がやってくれることをなぜか歓迎しない。

トラクターがない時は桑1本で畑を耕していた。

ショベルカーが無い時はつるはしとシャベルで穴を掘って運んでいた。

人間の労働でやったほうがいいと思うのだろうか?

ホワイトカラーの仕事だってあと20年もすれば、

昔は手で入力してたんだよ!って懐かしむ時代がすぐにやってくる。

労働人口の大移動が始まる。

しかもグローバルなスケールで。

これから新しい分野で活躍する人がどんどん出てくる。

20年前にウエッブデザイナーやSEなんてほとんど居なかった。

昔はタクシーやトラックは人間が運転していたらしいよう!

と平成の次の時代に生まれる若者は会話することになる。

君たちはどう生きるのか

君たちはどう生きるのか

子供が持っていたので借りて読んでみた。

漫画版で読みやすくかなりの部数が売れているようだ。

なかなか面白く読めた。

読後感としては2年前の大ヒット映画「君の名は」と同じ印象を受けた。

一言で言えばどちらも「パラレルワールド」について語っているのではないか。

時代背景も描写も題材も違うが、

時空を超えて、

空想と現実が交差する点で共通している。

80年も前にこの発想で執筆していたことに驚かされる。

この2つのストーリーがいま大ヒットしているのは、

まさに集合的無意識にはたらきかけて多くの人を動かしているとしか思えない。

やはり40年以上前に大ブレイクした

「かもめのジョナさん」や「僕ってなあに」のような、

自分探しを漠然と追い求める時代になっている。

手頃な1冊なので読んでみることをおすすめする。